夏の普段着物は麻着物が断然おすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

暑い夏を過ごす普段着物の第一条件は、涼しいこと、洗えることにつきます。
そのうえ洒落感もあれば最高。夏の普段着は麻一択ではないでしょうか?

夏の『普段着物』は本麻一択の理由

  1. 麻はクーラーの利いている場所で座っていると寒いくらい涼しい。
  2. 非常に丈夫で水に強いので洗濯に遠慮がいらない。
  3. 麻糸独特の輝きでおしゃれ感アップ。。

こちら特に深堀りする必要がないくらいです。単純に夏物として麻が優秀すぎるのです。


本麻以外の夏着物の素材は?

夏の着物素材として使われるのは本麻以外に、

絹、綿、綿麻、ポリエステル、芭蕉布などが挙げられます。しかし芭蕉布は普段着と呼ぶにはあまりに高価すぎますので、除外しますね。

この中で普段着として本麻着物と同等に涼しい着物を作れるのは絹のみかなと思います。

関連記事 紗紬(夏紬)について 

夏の本麻着物のコーデと着こなし写真

本麻着物の新之助上布のコーデと着こなし


個人的に「襦袢を着る」、夏着物としては綿とポリエステルは暑すぎると思います。綿麻は人によっては夏中着られる方もいらっしゃいますね。

人それぞれ体感が違うので、あくまで私目線ですが、27℃超えたら私はもう綿麻、ポリ、木綿などは無理です。

また、普段着という言葉の定義も人それぞれですが、私には正絹は「おしゃれ着物」に当たるかなと思います。

気合を入れたホテルでの会食などのイメージです。

正絹の絽や華やかな夏紬はそういった場面で使うんだろうなと思います。
私の日常生活の食事処はこじゃれた居酒屋、カジュアルレストランなどが中心なので正絹は今のところ出番が多くありません。


柄によっては普段着っぽい正絹もありますしリサイクルなどでは絽がたくさん出ています。

沢山リサイクルに出ているということは、着ない人が多いという意味もあるのかもです。


なおそらく中途半端なんですね。絽の普段柄って。

中途半端なものを買うと使い道がありませんので、無理して買う必要はないと思います。お手入れ代がかかることをお忘れなくー♡

風が吹き抜ける自由な雰囲気

きもの屋くるり麻楊柳グレー

私は仕事で演劇養成所などで生徒さんに講義するときや、日常のお出かけなどにこういったカジュアル普段着を着ます。

そういった性質上チャラつかず、けれど必要以上にきっちりもし過ぎない、日々が楽しくなる着物が私の理想の着物です。


麻はどこか空気の吹き抜ける自由な雰囲気があって、初夏の着始めなどは皆さんよーく褒めてくださいます。

確かにしわにもなりやすいですが、その日ついたしわなら気にするほどのこともありません。

小千谷縮の薄紫色

お手入れはシャワーでジャージャー

お風呂場に物干しがついていたらお試しを。

ハンガーにかけて衿袖にシャンプーなどをつけて、あとはシャワーで流します。お手入れは以上。

さほど汗をかかないなら、霧吹きで汗を飛ばし、しわを伸ばすだけでもオッケーです。

シーズンオフだけしっかり洗ってください。

もちろん、洗濯機に放り込むだけでもオッケーですよ。パンパンたたいて干したらアイロンもほとんどいりません。


どの着物も好きだけど・・麻は特別

どの着物も好きですが
麻を着た時の独特の幸福感は
何万語使っても伝えきれません。

とにかく、一枚着てみてほしい

世界が変わる着物です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。↑猫のバナーを
クリックしていただけますと
とてもうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。